家の修繕費(家づくり その299)

我が家もあっという間に築5年です。

築5年までは定期メンテナンスも費用が無料です。

しかし、ここからは有料になります。

まぁここからいろいろと修繕場所が増えていくのでしょう。

幸いにして我が家は今のところ問題はありません。

家は建てて終わりではない…調査によると築後30年間にかかるメンテナンス費用は総額400〜800万円だという。 *本記事は、一級建築士である兼坂成一氏の著作『人生が変わる家づくり 一生気持ちよく暮らせるマイホーム』(幻冬舎MC)から抜粋、再編集したものです

築30年までに400~800万円の修繕費がかかるようです。

なかなか家にお金がかかりますね。

やはりメンテナンス費が少ない作りが理想だと改めて思います。

特に外壁。

これがサイディングだと10年くらいで間を埋めているシーリングという防水処理がダメになるとか。

パワーボードはこのシーリングがサイディングより厚く塗られていることと上から塗装する処理方式なので、長く持つのも利点です。

まぁタイルが一番いいのでしょうけどね。

屋根も気になるところです。

こちらも塗り替えが必要ですが、一番直射日光が厳しい部分の屋根は太陽光パネルがついているので、屋根の劣化を防いでくれています。

なかなかいい仕事をしますね。

こんなことなら片流れ屋根にして全面太陽光パネルにすればよかったと後悔しています。

今後リフォームしたい場所があるので、修繕費は極力抑えたいです。。

戸建て住宅の購入を検討していますが、長期的には修繕費が結構かかると聞いて不安です。分譲マンションの修繕積立金のような仕組みはないでしょうか。◇  ◇  ◇戸建てだとマンションの修繕積立のような仕組みがないため、自主的に資金を準備することにな…

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする